廃車部品取り

廃車の部品取りと売却方法

廃車を部品取りして、売却してしまいたいと思っている方も多いでしょう。
しかし、自動車リサイクル法が施行されているので、
基本的には個人で廃車の部品取りを行うことはできません。

 

売却したいという場合には、まず運転とは関係ないパーツを取り外していきます。
カーナビといった付属品は個人で取り外しても問題がないパーツです。

 

他にスキーキャリアなども付属品に当たるので、取り外しても良いでしょう。
しかし、運転に関わるパーツは基本的に手を出すことはできません。
そのため、売ってお金にしたいという場合は、
前述のカーナビやスキーキャリアといった付属品のみを処分するのが一般的です。

 

付属品以外に手を出すのは問題ですが、
車自体をネットオークションなどで売ってしまうという手法があるのは確かです。

 

ネットオークションでは、部品取り車が多く販売されています。
廃車にする以外に、売却してしまうという手があるということは覚えておいた方が良いでしょう。
ネットオークションの性質上、どのくらいの値段が付くか予想できないというデメリットはあります。

 

 

 

自動車リサイクル法の施行から、
廃車の部品取りには解体業の許可が必要になりました。

 

個人レベルで、無許可に部品取りを行うと、
罰金や懲役刑などの処罰を受けるリスクがあります。

 

 

 

愛車をただ解体・廃車にするのは惜しいとはいえ

 

 

 

大切な愛車をただ廃車として処分するのは、心苦しいことです。

 

私は父が古い車を大切に乗っていて、
処分する時にとても寂しがっているところを見ているので、

 

車をただ廃車としてしまうのは、大切な物を無造作に捨ててしまう

 

ようで、
寂しいものがあるのではと想像しています。

 

そこで、廃車予定の愛車から部品取りをして使えるパーツは再利用

 

したい。

 

足回りなどもこだわりの社外品に付け替えたりしているので、
売るときは取り外して手元に残したいのが人情…

 

とても自然なことではありますが、
残念ながら廃車の部品取りは実はリスクがあります。

 

個人で行うと違法行為になるおそれがあり、場合によっては罰金。
最悪、懲役刑になることもあるようです。

 

廃車にする車から部品取りで、いくらか再利用したいという気持ち

 

から、
罰金や懲役刑になってしまうのは、あまりというものです。

 

また、廃車にする予定で業者の見積もりをとっている場合、
業者はその車の現状を見て査定額を出しているので、
査定を受けてからの部品取りは業者に対してもルール違反となって

 

しまうようです。

 

さらに、業者に廃車を頼んだ場合も、
個人が勝手にいじってしまうと違法になります。
廃車から部品取りをするには、許可が必要だからです。

 

昔は大丈夫だったって聞いたけど…

 

 

廃車の部品取りは、自動車リサイクル法という法律で規制されてい

 

ます。

 

リサイクル法では、使用済みの自動車を
再利用可能な資源として有効活用するために、
使用済自動車の取り扱いに関するルールが定められています。

 

この法律が施行されたのは、2005年1月1日のこと。

 

施行以前と今では、廃車の部品取りの扱いも
ずいぶん変わってしまいました。

 

 

外して良い部品・ダメな部品

 

 

自動車リサイクル法では、
個人で部品取りをするときに、外していい部品といけない部品を定

 

めています。

 

個人で取り外していい部品は、
カーナビやオーディオ機器やドリンクホルダーなど、
外しても車の走行に影響が出ないアクセサリーです。

 

これ以外の、外すと走行に影響する部品は、
個人で外すと違法になります。

 

ただ、外していい部品については法律の改正で変わってくるかもし

 

れないので、
そのつど詳しい方に聞いたり、調べたりする必要があります。

 

 

関連ページ

部品取りでお金にするのは危険!
廃車の部品取り・パーツ取りは、昔は個人でもできる廃車の現金化のやり方でしたが、今は規制がかなりうるさくなっています。無免許でやると罰金懲役のリスクも。売ったほうが安全かも…